水蜘蛛(読み)みずぐも

精選版 日本国語大辞典「水蜘蛛」の解説

みず‐ぐも みづ‥【水蜘蛛】

〘名〙
クモ綱クモ目ミズグモ科の水生クモ。体長九~一二ミリメートル。体は褐色で、歩脚は細長い。水草の間に袋網をはり、体毛に気泡をつけて空気へ運ぶ。夜行性で水生昆虫を捕食。ヨーロッパ北部・アジアに分布し、日本では北海道、本州、九州の高層湿原にごくまれにみられる。ミズグモ科は世界でも本種のみが知られる。
※狂歌・豊蔵坊信海狂歌集(17C後)「の葉におちてよりくる水蛛の一さしはさてまひまひのむし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水蜘蛛」の解説

みず‐ぐも〔みづ‐〕【水蜘蛛】

ミズグモ科のクモ。体長約1.5センチ。水中生活をする特異なクモで、水草の間に網巣を張り、水面から体の毛に空気をつけて運び、空気の部屋を作る。ユーラシアに分布し、日本でも見つかっている。
アメンボ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「水蜘蛛」の解説

水蜘蛛 (ミズグモ)

学名Argyroneta aquatica
動物。ミズグモ科のクモ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる