水野常倫尼(読み)みずの じょうりんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野常倫尼 みずの-じょうりんに

1848-1927 明治-大正時代の尼僧。
嘉永(かえい)元年11月5日生まれ。曹洞(そうとう)生家にちかい尾張(おわり)(愛知県)微笑(みしょう)堂で観光尼にまなび,師にしたがって京都養林庵にうつる。明治17年同庵庵主。35年全国尼僧取締役。翌年愛知県に尼僧学林(現愛知専門尼僧堂)をひらいた。昭和2年5月5日死去。80歳。本姓は清水俗名は琴子。号は天明

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android