コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観光尼 かんこうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観光尼 かんこうに

1785-1868 江戸時代後期の尼僧。
天明5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。8歳で出家,得度。尾張(おわり)(愛知県)の微笑堂にすむ。文政12年「阿難講式」の流布本を完成させた。のち京都養林庵10代法嗣となり同院を復興した。明治元年11月10日死去。84歳。丹波桑田郡(京都府)出身。俗姓は草木。号は寂宗。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観光尼の関連キーワード戊辰戦争ベルトレ三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)