コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠精(読み)みずの ただきよ

美術人名辞典の解説

水野忠精

国学者・羽前山形藩主・近江朝日山藩主。初名忠良・忠経、号は孝向山。東京の人。村田春野門人。従四位下侍従を務める。著書に『孝向山和歌集』がある。明治17年(1884)歿、53才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠精 みずの-ただきよ

1832-1884 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)3年11月25日生まれ。水野忠邦の長男。弘化(こうか)2年9月遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩主水野家2代,同年11月出羽(でわ)山形藩主水野家初代となる。5万石。寺社奉行,若年寄,老中をつとめた。明治17年5月8日死去。53歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水野忠精
みずのただきよ

[生]?
[没]1884.5. 東京
江戸時代末期の幕府老中。和泉守。老中水野忠邦世子。弘化2 (1845) 年9月浜松藩主襲封。 11月山形藩5万石に移封文久2 (62) 年2月老中となり,横須賀製鉄所設立協約に調印慶応2 (66) 年5月辞任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android