コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠精 みずの ただきよ

3件 の用語解説(水野忠精の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

水野忠精

国学者・羽前山形藩主・近江朝日山藩主。初名忠良・忠経、号は孝向山。東京の人。村田春野門人。従四位下侍従を務める。著書に『孝向山和歌集』がある。明治17年(1884)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠精 みずの-ただきよ

1832-1884 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)3年11月25日生まれ。水野忠邦の長男。弘化(こうか)2年9月遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩主水野家2代,同年11月出羽(でわ)山形藩主水野家初代となる。5万石。寺社奉行,若年寄,老中をつとめた。明治17年5月8日死去。53歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水野忠精
みずのただきよ

[生]?
[没]1884.5. 東京
江戸時代末期の幕府老中。和泉守。老中水野忠邦の世子。弘化2 (1845) 年9月浜松藩主襲封。 11月山形藩5万石に移封,文久2 (62) 年2月老中となり,横須賀製鉄所設立協約に調印。慶応2 (66) 年5月辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水野忠精の関連キーワード池田慶行青山幸寛稲垣定淳大河内正敬奥平昌暢黒田直方谷衛昉本多忠誠水野忠順渡辺則綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone