コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水銀粉/軽粉 ハラヤ

大辞林 第三版の解説

はらや【水銀粉】

水銀に食塩・にがりなどをまぜて加熱して得た昇華物。塩化第一水銀の白色粉末。一三世紀ごろから伊勢地方で製造され駆梅薬・利尿薬・下剤として用いられた。汞粉こうふん。軽粉。伊勢白粉。水銀みずがねの滓かす。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水銀粉/軽粉の関連キーワード塩化第一水銀みょうばん水銀の滓伊勢白粉昇華物利尿薬御祓箱にがり駆梅薬食塩下剤軽粉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android