水鳥の(読み)ミズトリノ

デジタル大辞泉の解説

みずとり‐の〔みづとり‐〕【水鳥の】

[枕]
水鳥の一種である「鴨」および同音の「賀茂」にかかる。
「―鴨の羽色の春山の」〈・一四五一〉
鴨の羽が青いところから、「青い」にかかる。
「―青葉の山の色づく見れば」〈・一五四三〉
水鳥の動き・性状を表す「立つ」「浮き」などにかかる。
「―発(た)ちの急ぎに」〈・四三三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずとりの【水鳥の】

( 枕詞 )
「鴨かも」「賀茂」にかかる。 「 -賀茂の神山さえくれて/新拾遺
鴨の羽色から、「青葉」にかかる。 「 -青葉の山の色付く見れば/万葉集 1543
水鳥の生態から、「浮き寝」「立つ」などにかかる。 「 -浮き寝やすべきなほや漕ぐべき/万葉集 1235

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みずとり‐の みづとり‥【水鳥の】

水鳥の代表的なものとしての「鴨(かも)」や、「鴨」と同音の地名「賀茂」にかかる。
※万葉(8C後)八・一四五一「水鳥之(みづとりの)鴨の羽色の春山のおほつかなくも思ほゆるかも」
② 鴨の羽の色が青いところから、「青羽」と同音の「青葉」にかかる。
※万葉(8C後)八・一五四三「秋の露は移しにありけり水鳥乃(みづとりノ)青葉の山の色づく見れば」
③ 鴨の羽交(はがい)の意で、「羽交」と同音を含む地名「羽易(はがい)の山」にかかる。
※続後撰(1251)冬・四八六「払ひかねうきねにたへぬ水鳥のはかひの山も霜や置くらん〈藤原家良〉」
④ 水鳥の飛び立つ意で、「立つ」にかかる。
※万葉(8C後)一四・三五二八「水都等利能(みヅトリノ)立たむ装(よそ)ひに妹(いも)のらに物云はず来にて思ひかねつも」
⑤ 水鳥が水の上に浮いたままで寝たり、年を経たりするところから、「浮き寝」と同音の「憂き寝」に、また、「憂きて経(ふ)」にかかる。
※後撰(951‐953頃)恋四・八三七「浪の上に跡やは見ゆる水鳥のうきて経ぬらん年はかすかは〈よみ人しらず〉」
⑥ 水鳥の泳いでいったあとの波がすぐ消えるところから、「はかなき跡」にかかる。
※後撰(951‐953頃)恋四・八三六「水鳥のはかなきあとに年を経てかよふ許のえにこそ有けれ〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水鳥のの関連情報