コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水鼈 トチカガミ

デジタル大辞泉の解説

とち‐かがみ【水鼈】

トチカガミ科の多年草湖沼に生え、葉は円形つやがあり、裏面に空気の入った袋があって水面に浮かぶ。秋、白い花びらを3枚もつ雄花雌花とが咲く。名は葉をとちスッポン)の鏡にたとえたもの。どうがめばす。すっぽんのかがみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とちかがみ【水鼈】

トチカガミ科の水生多年草。池や沼に生える。茎は長く伸び節から水中根を生じる。葉は柄が長く、径約6センチメートルの円心形で裏面の細胞が空気を含んで水面に浮く。雌花と雄花があり、8~10月、白色の三弁花を開き1日でしぼむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水鼈 (トチカガミ・トチノカガミ;ドチカガミ)

学名:Hydrocharis dubia
植物。トチカガミ科の浮葉性多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

水鼈の関連キーワード白色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android