氷室冴子(読み)ヒムロサエコ

  • 氷室冴子 ひむろ-さえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1957-2008 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和32年1月11日生まれ。52年「さようならアルルカン」が「小説ジュニア」青春小説新人賞佳作入選。つづいて「クララ白書」「なんて素敵にジャパネスク」などの作品を発表。少女小説の代表的作家。平成20年6月6日死去。51歳。北海道出身。藤女子大卒。本名は碓井小恵子。エッセイに「いっぱしの女」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氷室冴子の関連情報