コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷魚の使 ヒオノツカイ

デジタル大辞泉の解説

ひお‐の‐つかい〔ひを‐つかひ〕【氷魚の使】

平安時代、9月から12月まで、山城国宇治近江(おうみ)国田上の両地から奉る氷魚を受け取るために朝廷が派遣した使者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

氷魚の使の関連キーワード平安時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android