コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷魚/氷下魚 コマイ

デジタル大辞泉の解説

こまい【氷魚/氷魚】

タラ科の海水魚。全長約30センチ。体色は灰褐色で、暗色の不規則な斑点がある。食用。北海道以北の日本海・太平洋沿岸にすむ。根室地方では冬、海面の氷に穴をあけて釣る。 冬》「沓軋(きし)り現れしアイヌと―釣る/三鬼

ひ‐うお〔‐うを〕【氷魚】

アユ稚魚。2、3センチ程度で体はほとんど半透明。秋から冬にかけて琵琶湖でとれるものが有名。ひお。

ひ‐お〔‐を〕【氷魚】

ひうお(氷魚)」に同じ。 冬》
[補説]書名別項。→氷魚

ひお【氷魚】[書名]

島木赤彦の第3歌集。大正9年(1920)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひうお【氷魚】

あゆの稚魚。半透明で氷のようなのでこの名がある。琵琶湖産のものが特に有名。ひお。ひのいお。こおりのいお。 [季] 冬。

ひお【氷魚】

ひうお(氷魚) 」に同じ。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

氷魚 (コマイ)

学名:Eleginus gracilis
動物。タラ科の海水

氷魚 (ヒオ)

動物。アユ科のアユの稚魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の氷魚/氷下魚の言及

【網代】より

…宇治網代は《万葉集》に〈八十氏河の網代木〉とみえ,田上網代は883年(元慶7)の官符に近江国の内膳司御厨として現れる。《延喜内膳司式》に山城・近江の氷魚網代が9月から12月30日まで氷魚を貢すとあり,《西宮記》には,田上網代は氷魚,宇治網代は鮎を毎日進めたとある。この氷魚は重陽の宴,旬(しゆん)などに当たって,廷臣に与えられ,宇治網代の修理は山城の正税稲によって行われている(《北山抄》)。…

【アユ(鮎)】より

…産卵期になると湖に流入する小河川の河口に集まって産卵する。その幼魚は琵琶湖では氷魚(ひうお)と呼ばれている。天然の遡上に乏しい河川ではこの稚魚,幼魚を放流することが盛んに行われているが,他の河川に放流されると河川産のアユと同じように大きく成長する。…

【網代】より

…宇治網代は《万葉集》に〈八十氏河の網代木〉とみえ,田上網代は883年(元慶7)の官符に近江国の内膳司御厨として現れる。《延喜内膳司式》に山城・近江の氷魚網代が9月から12月30日まで氷魚を貢すとあり,《西宮記》には,田上網代は氷魚,宇治網代は鮎を毎日進めたとある。この氷魚は重陽の宴,旬(しゆん)などに当たって,廷臣に与えられ,宇治網代の修理は山城の正税稲によって行われている(《北山抄》)。…

※「氷魚/氷下魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

氷魚/氷下魚の関連キーワード島木赤彦(しまきあかひこ)緋縅・緋威・火縅・氷魚縅荒海の障子島木 赤彦禖子内親王無心所着宮沢氷魚落ち滾る氷魚の使コマイ言問ふヒウオ供御瀬動物田上網代奥島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android