コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直円 ながい なおみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直円 ながい-なおみつ

1671-1736 江戸時代前期-中期の大名。
寛文11年生まれ。永井尚征(なおゆき)の6男。将軍徳川家綱の法会で刺殺されて除封となった兄の丹後(京都府)宮津藩主永井尚長(なおなが)の名跡相続をゆるされ,延宝8年大和(奈良県)葛下(かつげ)郡などに1万石をあたえられる。新庄藩主永井家初代。元文元年5月8日死去。66歳。通称は靱負,大膳,万之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井直円の関連キーワード永井直期永井直達永井直亮櫛羅藩