コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永代売り(読み)えいたいうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永代売り
えいたいうり

今日の「売り」に相当する言葉で,一定年数の上毛の売却を意味する年季売りに対する用語。絶根売りとも称せられる。中古より近世にいたるまで,主として土地の売買に使用されている。かかる特別な用語が生じた理由は主として,近世以前の法に,土地永代売を制限しようとする条規が多かったからと考えられる。たとえば,江戸期においては,寛永 (1624) 以降,百姓所持の田畑は,永代売りが禁止され,さまざまな脱法行為によって同様の効果をもたらす方法が存在したにもかかわらず,永代売りを正直にうたった証文は不埒証文といわれ,本人のみならず,それに加判した村役人にいたるまで処罰の対象となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいたい‐うり【永代売り】

中世における土地売却の方法。田畑などの土地を、期限を切らず永久に売り渡すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいたいうり【永代売り】

江戸時代、田畑などを年期を限らず永久に売り渡すこと。幕府は禁止したが、実際は質入れの形で行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android