コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永寿堂 えいじゅどう

1件 の用語解説(永寿堂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいじゅどう【永寿堂】

天明末年から天保(1780年代‐1840年代)にかけて繁盛した江戸の地本問屋(じほんどいや)の堂号。屋号は西村屋。日比野氏。通称は与八。栄寿斎,また山巴亭青江とも号す。江戸の地本問屋として旧家である鱗形屋うろこがたや)の次男。馬喰町2丁目角に店があった。山東京伝曲亭馬琴柳亭種彦十返舎一九滝亭鯉丈などの作品を多く出版。また,清長,湖竜斎などの浮世絵の版元でもある。古浄瑠璃60種の板木を所有し,毎春これをすり出して奥州へ下す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永寿堂の関連キーワード狩野邦信連鎖劇烏亭焉馬末年鍵の穴から天を覗くからから天気針の穴から天を覗く春曙斎北頂竹内度道竹本政太夫(5代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone