コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山二水 ながやま にすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永山二水 ながやま-にすい

1802-1845 江戸時代後期の儒者。
享和2年生まれ。肥前佐賀藩士。肥後(熊本県)の辛島塩井(からしま-えんせい)にまなぶ。のち藩校弘道館の助教,藩主鍋島直正の侍講となる。熊沢蕃山(くまざわ-ばんざん)に傾倒した。弘化(こうか)2年7月30日死去。44歳。名は貞武。字(あざな)は徳夫。通称は十兵衛,寛助別号に迂亭。著作に「庚子(こうし)遊草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永山二水の関連キーワード永山徳夫儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android