コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山二水 ながやま にすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永山二水 ながやま-にすい

1802-1845 江戸時代後期の儒者。
享和2年生まれ。肥前佐賀藩士。肥後(熊本県)の辛島塩井(からしま-えんせい)にまなぶ。のち藩校弘道館の助教,藩主鍋島直正の侍講となる。熊沢蕃山(くまざわ-ばんざん)に傾倒した。弘化(こうか)2年7月30日死去。44歳。名は貞武。字(あざな)は徳夫。通称は十兵衛,寛助。別号に迂亭。著作に「庚子(こうし)遊草」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永山二水の関連キーワード歌川国貞光の科学史エンゲルスマルクス経済学グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫