コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永島安竜 ながしま あんりゅう

1件 の用語解説(永島安竜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永島安竜 ながしま-あんりゅう

1801-1869 江戸時代後期の医師,治水家。
享和(きょうわ)元年8月15日生まれ。甲斐(かい)(山梨県)の人。江戸で大田錦城,朝川善庵に儒学を,二宮彦可(げんか)に医学をまなぶ。郷里にかえって開業し,医業でえた資金で河口湖から水をひく灌漑(かんがい)工事をすすめ良田をつくった。明治2年5月3日死去。69歳。名は丕顕(ひけん)。字(あざな)は宗旦,信山。号は臥竜窟。著作に「農家心得」「理療令弁」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永島安竜の関連キーワード三角了敬阿部古仙神戸習悦小林粛翁沢田玄良田中玄仙藤元良百々俊道福井敬斎渡辺道甫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone