コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田荘作 ながた しょうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田荘作 ながた-しょうさく

1844*-1920 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)14年11月23日生まれ。生家は武蔵(むさし)足立郡土屋村(埼玉県大宮)の地主で酒造業をいとなむ。明治13年埼玉県会議員,25年同議長となる。同年衆議院議員選挙に干渉した久保田貫一知事の解任を政府にもとめ,休職においこんだ。大正9年11月4日死去。78歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永田荘作の関連キーワード大恐慌牧野省三バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランラン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone