コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永興 えいこう

2件 の用語解説(永興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永興 えいこう

?-? 奈良時代の僧。
法相(ほっそう)宗。紀伊(きい)牟婁郡(むろぐん)熊野村(和歌山県)で修行して信仰をあつめ,南菩薩とよばれたという。興福寺の上座法師となり,宝亀(ほうき)3年(772)十禅師のひとりにえらばれた。摂津手島(豊島)郡(大阪府)出身。俗姓は葦屋または市往(いちゆき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永興
えいこう / ヨンフン

北朝鮮、咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)の邑(ゆう)(町)。同道南端を北から東朝鮮湾に注ぐ竜興江の流域にある。永興平野の中心地で、米、麦類、トウモロコシを産出している。1978年、行政区画の改編により、永興郡は隣接の仁興、新上郡を合併して新しくグムヤ郡と改称された。邑内には郷校(文廟(ぶんびょう)および旧式学校)がある。これは李(り)朝初期、永吉道の中心地であったことの名残(なごり)を示す遺跡である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永興の関連キーワード法相恵忠弘曜孝信孝尊慈恒慈宝泰演(1)智鸞良敏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永興の関連情報