永興(読み)えいこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永興 えいこう

?-? 奈良時代の僧。
法相(ほっそう)宗。紀伊(きい)牟婁郡(むろぐん)熊野村(和歌山県)で修行して信仰をあつめ,南菩薩とよばれたという。興福寺の上座法師となり,宝亀(ほうき)3年(772)十禅師のひとりにえらばれた。摂津手島(豊島)郡(大阪府)出身。俗姓葦屋または市往(いちゆき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永興
えいこう / ヨンフン

北朝鮮、咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)の邑(ゆう)(町)。同道南端を北から東朝鮮湾に注ぐ竜興江の流域にある。永興平野の中心地で、米、麦類、トウモロコシを産出している。1978年、行政区画の改編により、永興郡は隣接の仁興、新上郡を合併して新しくグムヤ郡と改称された。邑内には郷校(文廟(ぶんびょう)および旧式学校)がある。これは李(り)朝初期、永吉道の中心地であったことの名残(なごり)を示す遺跡である。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永興の関連情報