江國 滋(読み)エクニ シゲル

20世紀日本人名事典の解説

江國 滋
エクニ シゲル

昭和・平成期の随筆家



生年
昭和9(1934)年8月14日

没年
平成9(1997)年8月10日

出生地
東京・赤坂

別名
俳号=江国 滋酔郎(エクニ ジスイロウ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学法学部政治学科〔昭和32年〕卒

経歴
出版社勤務を経て、昭和40年文筆に転じ、随筆、紀行文、評論の分野で活躍するかたわら、スケッチ、俳句、カード・マジックなど趣味の世界でもプロ級の腕をふるう。俳句は早くから親しみ、東京やなぎ句会(永六輔、小沢昭一ら)で句作。ベストセラーとなった「俳句とあそぶ法」(59年)で俳句ブームの火つけ役となり、同じくベストセラー「日本語八ツ当たり」(平成元年)で“日本語のご意見番”といわれた。「慶弔俳句日録」(平成2年)も、新機軸の人物史・現代史として話題を集める。句集に「神の御意」、主な著書に「落語美学」「阿呆旅行」「読書日記」(正・続)「英国こんなとき旅行記」「名画とあそぶ法」「スペイン絵日記」(画集)ほか多数。平成9年食道ガンと宣告された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江國 滋の関連情報