コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永六輔 えい ろくすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永六輔 えい-ろくすけ

1933- 昭和後期-平成時代の放送作家,エッセイスト。
昭和8年4月10日生まれ。三木鶏郎(とりろう)の冗談工房にはいり,ラジオ・テレビ番組の構成者,タレントとして活躍。作詞家として「上を向いて歩こう」などのヒット曲を多数生む。旅でひろった話を独特の話芸でかたり,エッセイにあらわす。尺貫法をまもる運動やボランティア活動にもかかわる。26年旅番組「遠くへ行きたい」などテレビ・ラジオへの長年の功績で毎日芸術賞特別賞。東京出身。早大中退。本名は孝雄。著作に「芸人その世界」「大往生」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

えい‐ろくすけ【永六輔】

[1933~2016]放送作家エッセイスト。東京の生まれ。本名、孝雄(たかお)。テレビ放送の草創期から、放送作家や司会者として幅広く活躍。また長年、ラジオ番組のパーソナリティーも務めた。作詞家としても知られ、「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」などの作品を残した。著「芸人その世界」「大往生」など。平成12年(2000)菊池寛賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

永六輔の関連キーワードばらえてい テレビファソラシド見上げてごらん夜の星を広沢 虎造(2代目)こども電話相談室宵々山コンサート奥田 智重子大久保ノブオやなせたかしおさななじみラッキィ池田松島トモ子青島 幸男はぶ三太郎黒い花びら徳川 夢声谷口 安正三波 春夫伊勢うどん笈田 敏夫中村 八大

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永六輔の関連情報