コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江崎幸和 えざき よしかず

1件 の用語解説(江崎幸和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江崎幸和 えざき-よしかず

?-1644 江戸時代前期の俳人。
京都の医師。野々口立圃(りゅうほ)にまなぶ。立圃編の「誹諧発句帳(はいかいほっくちょう)」に松永貞徳,師についで200句はいっている。寛永21年3月14日死去。没後,独吟千句をおさめる追善連句集「底抜磨(そこぬけうす)」が刊行された。通称は太右衛門。法号は春覚,一翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江崎幸和の関連キーワード一和青地可頼荒木加友伊豆則常奥西友三菊岡卜一久津見吟市乗阿如風馬淵宗畔