コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江崎幸和 えざき よしかず

1件 の用語解説(江崎幸和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江崎幸和 えざき-よしかず

?-1644 江戸時代前期の俳人。
京都の医師。野々口立圃(りゅうほ)にまなぶ。立圃編の「誹諧発句帳(はいかいほっくちょう)」に松永貞徳,師についで200句はいっている。寛永21年3月14日死去。没後,独吟千句をおさめる追善連句集「底抜磨(そこぬけうす)」が刊行された。通称は太右衛門。法号は春覚,一翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江崎幸和の関連キーワードウルバヌス崇禎帝小西マンショウルバヌス崇禎帝正保スペイン音楽天王寺(東京都)変面清朝の満州語公文書

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone