コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江帾木鶏 えばた もくけい

1件 の用語解説(江帾木鶏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江帾木鶏 えばた-もくけい

?-1862 江戸時代後期の儒者。
皆川淇園(きえん)学派。易学や天文,地理,数理にも精通。天保(てんぽう)のころ平田篤胤(あつたね)と3昼夜にわたって論じあい,たがいにゆずらなかったという。文久2年6月18日死去。出羽(でわ)大館(秋田県)出身。通称は愛之助。著作に「易学木鶏自解」「天文術」「数理学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江帾木鶏の関連キーワードサイゴン条約黒住教有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎シーボルト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone