江間章子(読み)えま しょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江間章子 えま-しょうこ

1913-2005 昭和-平成時代の詩人。
大正2年3月13日生まれ。百田宗治の詩誌「椎の木」の同人となり,昭和11年詩集「春への招待」を発表。戦後「現代詩」「日本未来派」にくわわる。尾瀬をうたった「夏の思い出」や「花の街」の作詞で知られる。平成17年3月12日死去。91歳。新潟県出身。駿河台女学院卒。詩集はほかに「イラク紀行」,著作に「詩へのいざない」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江間章子の関連情報