江間章子(読み)えま しょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江間章子 えま-しょうこ

1913-2005 昭和-平成時代の詩人。
大正2年3月13日生まれ。百田宗治の詩誌「椎の木」の同人となり,昭和11年詩集「春への招待」を発表。戦後「現代詩」「日本未来派」にくわわる。尾瀬をうたった「夏の思い出」や「花の街」の作詞で知られる。平成17年3月12日死去。91歳。新潟県出身。駿河台女学院卒。詩集はほかに「イラク紀行」,著作に「詩へのいざない」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江間章子の関連情報