コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江馬蘭斎 えま らんさい

3件 の用語解説(江馬蘭斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

江馬蘭斎

江戸中・後期の蘭方医。美濃国大垣生。江馬元澄の養子。本姓は鷲見、名は春琢、字は元恭、通称は春齢。47才で前野良沢の門に入り、蘭方医術を学ぶ。京都西本願寺法主の治療後、名を馳せた。著書に『五液診法』『水腫全書』等がある。天保9年(1838)歿、92才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江馬蘭斎 えま-らんさい

1747-1838 江戸時代中期-後期の蘭方医。
延享4年9月27日生まれ。江馬細香の父。江馬家の養子となり,美濃(みの)(岐阜県)大垣藩医をつぐ。46歳のとき江戸で杉田玄白,前野良沢にまなぶ。美濃にもどり,蘭学塾好蘭堂をひらく。寛政10年京都西本願寺法主の病気をなおし名声をあげた。天保(てんぽう)9年7月8日死去。92歳。本姓は鷲見。名は春琢。字(あざな)は元恭。通称は春齢。著作に「医事問答」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

江馬蘭斎

没年:天保9.7.8(1838.8.27)
生年:延享4.9.27(1747.10.30)
江戸後期の蘭方医。美濃国(岐阜県)大垣藩医。女性漢詩人江馬細香の実父。名は元恭,通称は春齢(2代),号は好蘭斎,蘭斎。版木師鷲見荘蔵の子。はじめ大垣藩家老和田氏の臣,のちに藩医に抜擢された江馬元澄(初代春齢)の養子となる。細香稿本の『蘭化先生伝』に,47歳で蘭学を学ぶため前野良沢 に就いたとき,良沢も同年齢で勉学したことをいって激励したとある。寛政期(1789~1801)の江戸での蘭学者番付では東方前頭4枚目,寛政6(1794)年大槻玄沢主宰の宴を描いた「芝蘭堂新元会図」に賛がある。寛政10年に西本願寺法主を治療して医名を揚げ患者も激増した。他方,小森桃塢,藤林普山以下,弟子教育の特色は,オランダ語教授法に大槻玄沢的熟読暗誦主義ではなく,文法重視を採用した点にある。著訳に『江波医事問答』(1814),『五液診法』(1816),『泰西熱病集訳』(1817),『家訓十二箇条』(1805)などがある。<参考文献>青木一郎『大垣藩医江馬蘭斎』,江馬文書研究会編『江馬家来簡集』

(岩崎鐵志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江馬蘭斎の関連キーワード戸田氏庸井田澹泊江馬松斎佐藤由理子高岡夢堂谷松茂戸田三弥宮崎荊口宮崎此筋宮本元甫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone