池永碧於亭(読み)いけなが へきおてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池永碧於亭 いけなが-へきおてい

1786-1861* 江戸時代後期の武士,儒者。
天明6年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩田辺領主安藤家の家臣学識はふかかったが身分はひくく,嘉永(かえい)2年64歳のときようやく盗賊方から学問教授方となった。万延元年12月20日死去。75歳。名は淵(えん)。字(あざな)は士深。通称は源蔵。別号に寿散,碧於斎。著作に「史記律暦書解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android