コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池永碧於亭 いけなが へきおてい

1件 の用語解説(池永碧於亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池永碧於亭 いけなが-へきおてい

1786-1861* 江戸時代後期の武士,儒者。
天明6年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩田辺領主安藤家の家臣。学識はふかかったが身分はひくく,嘉永(かえい)2年64歳のときようやく盗賊方から学問教授方となった。万延元年12月20日死去。75歳。名は淵(えん)。字(あざな)は士深。通称は源蔵。別号に寿散,碧於斎。著作に「史記律暦書解」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池永碧於亭の関連キーワード田沼時代炭酸塩岩脈文久ベニョフスキー徳川家治フリードリヒコーンウォリス砦中村富十郎林爽文の乱ムラヴィヨーフ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone