池田 恒雄(読み)イケダ ツネオ

20世紀日本人名事典の解説

池田 恒雄
イケダ ツネオ

昭和・平成期の出版経営者 ベースボール・マガジン社会長;恒文社会長。



生年
明治44(1911)年5月3日

没年
平成14(2002)年2月9日

出生地
新潟県北魚沼郡小出町

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科〔昭和10年〕卒

主な受賞名〔年〕
ルーマニア勲二等功労章〔昭和46年〕,ブルガリア勲一等文化勲章〔昭和49年〕,ハンガリーゴールドメダル記念賞〔昭和50年〕,ユーゴスラビア勲一等勲章〔昭和53年〕,ハンガリー最高国家国旗勲章〔昭和53年〕,ポーランド国家文化功労賞〔昭和54年〕,勲三等瑞宝章〔昭和62年〕

経歴
学生時代から博文館の雑誌「野球界」編集部でアルバイト、昭和12年編集長となり、以後、野球雑誌編集に情熱を傾ける。21年ベースボール・マガジン社を設立。同年創刊の「週刊ベースボール」は多くのファンに愛読され、戦後のスポーツ雑誌の草分けとなった。37年恒文社を興して「ハンガリー史」など東欧関係書を出版。またスポーツを通じて欧州各国とも交流。ハンガリー、ルーマニア、ポーランドなどから勲章を受けた。58年日本セイシェル協会会長。平成元年出版業界で初の野球殿堂入り。正力松太郎賞、野球殿堂選考委員などを歴任した。座右銘は逍遙の言葉“行衢道者不至”だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

池田 恒雄
イケダ ツネオ


肩書
元・参院議員(労農党)

生年月日
明治42年4月

出身地
宮城県

学歴
帝国農会技術訓練所卒

経歴
昭和22年の第1回参議院選茨城地方区に無所属で出馬、3年議員として当選。当選1回。

没年月日
昭和60年11月7日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

池田 恒雄 (いけだ つねお)

生年月日:1911年5月3日
昭和時代;平成時代のベースボール・マガジン社会長;恒文社会長
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池田 恒雄の関連情報