コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田勇八 いけだ ゆうはち

1件 の用語解説(池田勇八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田勇八 いけだ-ゆうはち

1886-1963 明治-昭和時代の彫刻家。
明治19年8月28日生まれ。42年文展で「馬」が入選後,3年連続特選となり,大正9年帝展審査員。昭和10年第三部会を結成,戦後は日展で活躍した。題材を動物にしぼり「馬の勇八」といわれた。昭和38年3月31日死去。76歳。香川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「川べにて」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の池田勇八の言及

【明治・大正時代美術】より

…荻原守衛は帰国してまず太平洋画会に迎えられ,また夭折したこともあって,彼がロダンに学んだ生命感にみちた近代彫刻は官設展に根付かず,文展・帝展の主流は巧みな描写技術と主題主義であった。彫塑の朝倉文夫,建畠大夢(たてはたたいむ)(1880‐1942),堀進二,池田勇八(1886‐1963),大理石彫の北村四海らがあげられるが,これらのなかでは朝倉文夫が傑出しており,《墓守》(1910),《いづみ》(1914)のように,的確な自然主義の作品を残した。 再興日本美術院には,平櫛田中,佐藤朝山(1888‐1963),内藤伸(1882‐1967),吉田白嶺(1871‐1942)の4人の木彫家で彫刻部が新設された。…

※「池田勇八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池田勇八の関連キーワード木内克川村吾蔵北村正信田村与八郎内藤藤一郎中島快彦林是毛利教武吉田久継渡辺義知

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田勇八の関連情報