コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田彦七 いけだ ひこしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田彦七 いけだ-ひこしち

?-1733 江戸時代中期の農民。
讃岐(さぬき)落合村(香川県大内(おおち)町)の庄屋。凶作続きで困窮した農民の代表として,享保(きょうほう)17年高松藩主松平頼豊(よりとよ)に租税の軽減を直訴。嘆願はかなえられたが,18年9月26日処刑された。村人により祠(ほこら)(池田神社)にまつられ,「義民さん」とよびつたえられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池田彦七の関連キーワードアウグスト(2世)ポーランド史天野信景アウグスト[2世]クラシェニンニコフサッケリサッケーリスタニスワフ1世レシチンスキフリードリヒ・アウグスト1世フリードリヒ・アウグスト2世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android