コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田治政 いけだ はるまさ

美術人名辞典の解説

池田治政

江戸後期の岡山藩主。江戸生。池田宗政の長男。初め敏政・新十郎と称する。左近衛権少将となる。落髪し、一心斎と号する。文政元年(1818)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田治政 いけだ-はるまさ

1750-1819* 江戸時代中期-後期の大名。
寛延3年1月10日生まれ。池田宗政の長男。宝暦14年備前岡山藩主池田家5代となる。寛政の改革時に老中松平定信が発した倹約令にしたがわず,「越中(定信)に越されぬ山が二つある,京の中山(中山愛親(なるちか)),備前岡山」とうたわれた。郷学(ごうがく)閑谷(しずたに)学校を再興。文政元年12月19日死去。69歳。初名は敏政。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

池田治政 (いけだはるまさ)

生年月日:1750年1月9日
江戸時代中期;後期の大名
1818年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

池田治政の関連キーワード生年月日石黒貞度奥平昌鹿池田斉政土肥延平堀直温

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android