コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷学 ごうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郷学
ごうがく

郷校,郷学所,郷学校ともいう。江戸時代から明治初期にかけ存在した教育機関の一つで,藩校に準じた藩士の子弟を対象としたものと,庶民を対象としたものとの2種がある。前者は藩校を簡易化したもので領内の僻地,飛地大藩の重臣の知行地などに多く設立され,後者は手習所的なものから 18世紀の大坂の懐徳堂などのような大規模かつ高等なものまである。江戸時代末期から明治初年にかけて,百数十校が設置された。いずれも読み書き,習字,算術が中心であった。明治の郷学は町村ないし町村組合の経営が多く,近代公立小学校への先駆になった。明治5 (1872) 年の学制発布以後,小・中学校へ改組されたものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐がく〔キヤウ‐〕【郷学】

ごうがく(郷学)

ごう‐がく〔ガウ‐〕【郷学】

村里の学校。
「―にありて、学童となりし時に」〈中村訳・西国立志編
江戸時代から明治の初年にかけて、藩士の教育や庶民の教育のために各地に設けられた学校。岡山藩の閑谷黌(しずたにこう)など。郷校。郷学校。郷学所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

郷学【ごうがく】

郷学所,郷校,義校とも。18世紀末から幕末にかけて著しく発達した江戸時代の村里の学校。藩主,民間有志者などが設立し,対象によって,藩学の延長ともみるべき藩士の子弟向けのもの,庶民向けのものの2種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうがく【郷学】

近世から近代初期にかけての教育機関の一つ。藩学(藩校)とも寺子屋とも異なる教育機能を示す学校である。郷学所,郷校,郷黌などともいう。明治の〈学制〉頒布後に設立された小学校にその機能を継承したものが多い。郷学には三つの形態がある。(1)藩学と同じような性格のものであり,領内の僻地にある藩士を教育するために,藩みずからが藩侯の支族や家老などの知行地にたてた家臣の学問所である。(2)藩主・旗本・天領の代官などが直接か間接かに設立に関係してできたもので,その対象とするものは一般民衆である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の郷学の言及

【学校】より

…これは,市井の学者による批判を受けながらも,幕末の国学,蘭学の高揚を迎えるまで権威を保ち続けた。江戸時代の学校としては,このほか,藩校(藩黌,藩学),郷学私塾,寺子屋などがあり,戦乱のない社会で,それぞれ発展した。藩校は各藩が藩体制強化のため武士の子弟に儒学と武道を教授することを目的として設置された。…

【閑谷学校】より

…岡山藩領内の藩設立の郷学校。1666年(寛文6)藩主池田光政は領民教化の一環として和気郡伊里村閑谷(現,備前市)の地に学校設立を計画し,68年手習所を開設したのに始まる。…

※「郷学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郷学の関連キーワード郷学(きょうがく)郷学(ごうがく)田部井 鹿蔵八十島叉橋妹尾三郎平谷川 達海田部井鹿蔵寺門静軒板倉勝明斎藤鳴湍斎藤寛斎小池琴河池田光政土橋友直古橋暉皃秋山要助花房端連坂元玄岡佐藤清臣伊達義基

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷学の関連情報