コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田蘆洲 いけだ ろしゅう

2件 の用語解説(池田蘆洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田蘆洲 いけだ-ろしゅう

1864-1933 明治-昭和時代前期の漢学者。
元治(げんじ)元年6月19日生まれ。坂本葵園(きえん),近藤元粋に師事し,上京して三島中洲(ちゅうしゅう)にまなぶ。三島の創立した二松学舎でのち教授,理事をつとめる。「日本芸林叢書」など近世学芸の史料編集で知られる。昭和8年1月24日死去。70歳。大坂出身。名は胤。字(あざな)は公承。通称は四郎次郎。著作はほかに「故事熟語大辞典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田蘆洲
いけだろしゅう
(1864―1933)

漢学者。名は胤、字(あざな)は公承、通称は四郎次郎、蘆洲と号した。大阪の人。東京に出て、三島中洲(ちゅうしゅう)の門に入り、陽明学を主とし、二松学舎専門学校、国学院大学の教授となる。編著には、未完に終わった『史記補注』130巻のほか、『日本詩話叢書(そうしょ)』10冊、『日本芸林叢書』10冊が刊行されている。とくに『故事熟語大辞典』(1909初版)は、その後改定を加えて畢生(ひっせい)の業となったが、典拠を明示した類書の濫觴(らんしょう)として、高く評価されている。[今井宇三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田蘆洲の関連キーワード阿蘇惟孝織田東禹小山善鈴木諦教竹腰正己能村磐夫藤野準松原権四郎依田豊渡辺七郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone