コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島中洲 みしま ちゅうしゅう

6件 の用語解説(三島中洲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三島中洲

松山藩士・漢学者。名は毅、字は遠叔、号は桐南、のち中洲。山田方谷斎藤拙堂に学ぶ。維新後、判検事・宮中顧問官となる。二松学舎を創立し、漢文学界に貢献した。大正8年(1919)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みしま‐ちゅうしゅう〔‐チユウシウ〕【三島中洲】

[1830~1919]漢学者。備中(びっちゅう)の生まれ。名は毅(つよし)。東大教授・東宮侍講・宮中顧問官などを歴任。明治10年(1877)漢学塾二松学舎を創立した。著「詩書輯説」「論学三百絶」「中洲文稿」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島中洲 みしま-ちゅうしゅう

1831*-1919 幕末-明治時代の漢学者。
文政13年12月9日生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)の人。山田方谷(ほうこく)に師事し,昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。備中松山藩校有終館の学頭をへて,維新後は大審院判事などをつとめた。明治10年東京に二松学舎をひらく。のち東京師範,東京大学の教授,東宮侍講,宮中顧問官を歴任。大正8年5月12日死去。90歳。名は毅。字(あざな)は遠叔。通称は貞一郎。著作に「中洲詩稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三島中洲

没年:大正8.5.12(1919)
生年:天保1.12.9(1831.1.22)
幕末明治大正期の漢学者,法律家。名は毅,字遠叔,通称貞一郎。号中洲,桐南,絵荘,陪鶴老仙など。備中中島村(岡山県倉敷市)の里正の家に生まれる。山田方谷,斎藤拙堂に師事して程朱,陽明,古学を学び,20歳代にして時務策に執心。昌平黌に入り,佐藤一斎,安積艮斎に教えを受ける。備中松山藩士として有終館に教え,昌平黌詩文掛や藩の武備掛を兼務。不穏な西国情勢のなかであらためて師方谷流の陽明学に傾斜した。明治初年,朝廷鎮撫使による藩論佐幕の譴責を受け,それを打開したのち致仕。明治5(1872)年,新政府から徴され司法省に出仕,東京裁判所,新治裁判所,大審院特選判事などを歴任。10年麹町に二松学舎を創設。東京師範学校出講ののち東京大学文科大学古典科教授となり,19年退官。再度法曹界に入り(大審院検事,判事)民法修正に当たる。宮中の信頼も厚く東宮御用掛や宮中顧問官を務めた。<著作>『中洲文稿』『中洲講話』『霞浦游藻』<参考文献>門人輯『三島中洲先生年譜』

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みしまちゅうしゅう【三島中洲】

1830‐1919(天保1‐大正8)
漢学者。備中(岡山県)の生れ。名は毅(つよし),字は遠叔,通称貞一郎,中洲は号。郷里で陽明学の山田方谷に学んだのち,伊勢の津藩で斎藤拙堂,江戸昌平黌(こう)で佐藤一斎,安積艮斎(あさかごんさい)に師事し,帰郷して備中松山藩に仕え,藩学有終館の学頭に進んだ。維新後,法官となり,のち大審院中判事に至ったが,1877年退官して,東京麴町一番町に家塾〈二松学舎〉を設け,漢学を教授した。のち,ふたたび官に仕え,東京高師,東京帝大古典科教授,東宮侍講,宮中顧問官を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みしまちゅうしゅう【三島中洲】

1830~1919) 漢学者。備中の人。名は毅つよし。漢学塾二松学舎を創立。東京高師・東大教授、東宮侍講・宮中顧問官を歴任。著「詩書輯説」「古今人文集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三島中洲の関連キーワード秋月悌二郎綿引東海竹川政辰漢学者法律家岡田聿山末包金陵豊島洞斎中川黙堂横山徳渓

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三島中洲の関連情報