コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汽水成層 きすいせいそう

1件 の用語解説(汽水成層の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

汽水成層【きすいせいそう】

汽水地域に形成された地層。すなわち三角州,潟などでの堆積層。陸水成層に似て,礫(れき),砂,泥が不規則に混合し,地層の広がりが小さい。クロスラミナ,漣痕(れんこん),乾裂などがしばしば発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

汽水成層の関連キーワード三角州ピンゴ完新統古生界シルル系第三系第四系地質系統白亜系砂火山