コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汽水成層 きすいせいそう

百科事典マイペディアの解説

汽水成層【きすいせいそう】

汽水地域に形成された地層。すなわち三角州,潟などでの堆積層。陸水成層に似て,礫(れき),砂,泥が不規則に混合し,地層の広がりが小さい。クロスラミナ漣痕(れんこん),乾裂などがしばしば発達する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android