コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汾水 ふんすいFén shuǐ

世界大百科事典 第2版の解説

ふんすい【汾水 Fén shuǐ】

中国,華北地区,山西省中部を南西に流れる黄河の2番目に大きな支流。汾河ともいう。源を寧武県管涔山に発し,新絳県で西に折れて河津県で黄河に入る。全長716km。流域面積3万9400km2。年間の流量変化がきわめて大きく,洪水期と渇水期では流量に100倍以上の差があり,含砂量も大きい。中流部に太原盆地と臨汾盆地を形成,その中間に霊石峡を構成する。渭河平原と接続する汾水の谷は,北東~南西の走向を示す地溝帯で,旧石器時代より人類が住み,早期に農業の発展をみるなど,黄河文明の成立に大きな役割を果たした地域である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汾水
ふんすい

フェン(汾)河」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

汾水の関連キーワード牛村古城址侯馬地壇介休太宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android