コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汾水 ふんすい

2件 の用語解説(汾水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汾水
ふんすい

「フェン (汾) 河」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふんすい【汾水 Fén shuǐ】

中国,華北地区,山西省中部を南西に流れる黄河の2番目に大きな支流。汾河ともいう。源を寧武県管涔山に発し,新絳県で西に折れて河津県で黄河に入る。全長716km。流域面積3万9400km2。年間の流量変化がきわめて大きく,洪水期と渇水期では流量に100倍以上の差があり,含砂量も大きい。中流部に太原盆地と臨汾盆地を形成,その中間に霊石峡を構成する。渭河平原と接続する汾水の谷は,北東~南西の走向を示す地溝帯で,旧石器時代より人類が住み,早期に農業の発展をみるなど,黄河文明の成立に大きな役割を果たした地域である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone