コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖積堆積物 ちゅうせきたいせきぶつalluvial deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖積堆積物
ちゅうせきたいせきぶつ
alluvial deposit

完新世 (沖積世) に形成された堆積物の総称。固結しない礫,砂,粘土,火山灰などから成る。土壌はおもに沖積堆積物に腐植が混ったもの。沖積堆積物は沖積平野沖積扇状地などをつくるので,集落,水田など土地利用に最も関係が深い。沖積堆積物のうち,粘土は堆積の初めのいわゆるヘドロの状態を経て粘土層となる。粘土層は粘土粒子と等量かそれ以上の水を含み,続成作用によって脱水して固結する過程の初期にある。沖積平野の地下水の過剰揚水による地盤沈下は,おもに沖積堆積物の粘土層の人為的脱水による容積の減少が地表の低下となって現れる現象である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

沖積堆積物の関連キーワード上川盆地

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android