コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村訥子(8代) さわむら とっし

1件 の用語解説(沢村訥子(8代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村訥子(8代) さわむら-とっし

1887-1963 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治20年11月6日生まれ。初代助高屋(すけたかや)小伝次の門弟となり,東京浅草座で初舞台。のち沢村大助から伝次郎と改名。師小伝次の死後,7代沢村訥子に師事,明治44年帝国劇場の専属となった。昭和2年7代訥子の娘婿となり,8代を襲名。戦後は,関西で老役(ふけやく)などを演じた。昭和38年3月28日死去。75歳。東京出身。本名は鈴木大吉。俳名は訥子。屋号は紀伊国屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢村訥子(8代)の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画東京芸術大学120周年雑誌ハクスリー新聞小説剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone