コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内仙介 カワチセンスケ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河内仙介 かわち-せんすけ

1898-1954 昭和時代の小説家。
明治31年10月21日生まれ。長谷川伸に師事し,新鷹会に所属。昭和15年「軍事郵便」で直木賞。18年刊行の「わが姉の記」が反戦小説とみなされ,以後,めだった活躍はみられなかった。昭和29年2月21日死去。55歳。大阪出身。大阪市立甲種商業学校卒。本名は塩野房次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河内仙介の関連キーワード母は死なず昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android