コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事郵便 ぐんじゆうびん military post

5件 の用語解説(軍事郵便の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事郵便
ぐんじゆうびん
military post

軍人,軍属で特に国外にいる者への特別の郵便制度をいう。軍がみずから集配を行なった。戦時中に限られていて,1945年以後はない。ただし,海外兵力の多いアメリカでは現在でも存在している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぐんじ‐ゆうびん〔‐イウビン〕【軍事郵便】

戦時中に、戦地の軍機関・軍人などと本国の機関・人との間に交わされる郵便物。
[補説]書名別項。→軍事郵便

ぐんじゆうびん【軍事郵便】[書名]

河内仙介短編小説。昭和15年(1940)発表。同年、第11回直木賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぐんじゆうびん【軍事郵便】

出征中の兵士と本国の人との間に取り交わされる郵便物。戦時郵便。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍事郵便
ぐんじゆうびん

戦時または事変の際に戦地またはこれに準ずる所にある軍人・軍属などから発信する郵便、また、それらの人にあてた郵便の総称。日本では1894年(明治27)日清(にっしん)戦争の始まる直前に軍事郵便取扱細則が定められた。原則として軍人・軍属が差し出す郵便物は無料で取り扱われ、逆に軍人・軍属あてに出すものに対しては正規の郵便料金が徴収された。陸上だけでなく、海上にある軍艦などの郵便もこれに準じた。また特例として、平時に海外駐屯の軍人に対して、通数を制限して無料の取扱いをした。この場合には郵便切手に「軍事」の文字を加刷したものを配布し、使用させている。1943年(昭和18)には、往復とも航空機により輸送される特別な「軍事郵便往復葉書」が発行された。第二次世界大戦後、46年(昭和21)2月をもって軍事郵便の取扱いはすべて廃止された。[園山精助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍事郵便の関連キーワード軍属軍法会議特使フェロー請託内を外にする御情け準軍属戦争被害に対する補償・援護在日米軍の軍属

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軍事郵便の関連情報