軍事郵便(読み)ぐんじゆうびん(英語表記)military post

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事郵便
ぐんじゆうびん
military post

軍人,軍属で特に国外にいる者への特別の郵便制度をいう。軍がみずから集配を行なった。戦時中に限られていて,1945年以後はない。ただし,海外兵力の多いアメリカでは現在でも存在している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんじゆうびん【軍事郵便】

出征中の兵士と本国の人との間に取り交わされる郵便物。戦時郵便。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍事郵便
ぐんじゆうびん

戦時または事変の際に戦地またはこれに準ずる所にある軍人・軍属などから発信する郵便、また、それらの人にあてた郵便の総称。日本では1894年(明治27)日清(にっしん)戦争の始まる直前に軍事郵便取扱細則が定められた。原則として軍人・軍属が差し出す郵便物は無料で取り扱われ、逆に軍人・軍属あてに出すものに対しては正規の郵便料金が徴収された。陸上だけでなく、海上にある軍艦などの郵便もこれに準じた。また特例として、平時に海外駐屯の軍人に対して、通数を制限して無料の取扱いをした。この場合には郵便切手に「軍事」の文字を加刷したものを配布し、使用させている。1943年(昭和18)には、往復とも航空機により輸送される特別な「軍事郵便往復葉書」が発行された。第二次世界大戦後、46年(昭和21)2月をもって軍事郵便の取扱いはすべて廃止された。[園山精助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐんじ‐ゆうびん ‥イウビン【軍事郵便】

〘名〙 戦時または事変の際、従軍する軍人・軍属から発信する郵便、またはこれらの人にあてた郵便。原則として、軍人・軍属からの郵便物は無料、軍人・軍属あての郵便物には正規の郵便料金が徴集された。明治二七年(一八九四)制定。昭和二一年(一九四六)廃止。戦時郵便。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍事郵便の関連情報