コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合事件 かわいじけん

1件 の用語解説(河合事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわいじけん【河合事件】

自由主義者河合栄治郎が思想弾圧を受けた事件。東京帝大経済学部教授河合栄治郎は,1933年ドイツ留学より帰国後ファシズム批判の姿勢を強め,天皇機関説事件の時の批評や二・二六事件に際して軍部批判を公にしたことによって,かねてから帝国大学内の左翼・自由主義勢力の排撃を主張していた蓑田胸喜など右翼の攻撃を受けるようになった。38年10月,河合の著作《改訂社会政策原理》《ファシズム批判》など4冊が反軍・反戦思想の宣伝を理由に発売禁止処分にされたことを契機に,新総長平賀譲は,経済学部内の派閥対立問題の解決とからめて河合の処分を決意し,39年1月河合の休職を文官高等分限委員会に具申し,河合は休職処分となった(平賀粛学)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河合事件の関連キーワード金井延河合栄治郎自由主義自由世界転向オールドリベラリスト主義者自由思想関嘉彦美作太郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone