コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合事件 かわいじけん

世界大百科事典 第2版の解説

かわいじけん【河合事件】

自由主義者河合栄治郎が思想弾圧を受けた事件。東京帝大経済学部教授河合栄治郎は,1933年ドイツ留学より帰国後ファシズム批判の姿勢を強め,天皇機関説事件の時の批評や二・二六事件に際して軍部批判を公にしたことによって,かねてから帝国大学内の左翼・自由主義勢力の排撃を主張していた蓑田胸喜など右翼の攻撃を受けるようになった。38年10月,河合の著作《改訂社会政策原理》《ファシズム批判》など4冊が反軍・反戦思想の宣伝を理由に発売禁止処分にされたことを契機に,新総長平賀譲は,経済学部内の派閥対立問題の解決とからめて河合の処分を決意し,39年1月河合の休職を文官高等分限委員会に具申し,河合は休職処分となった(平賀粛学)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

河合事件の関連キーワード蝋山政道・蠟山政道大河内一男

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android