コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河套平原 かとうへいげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河套平原
かとうへいげん / ホータオピンユワン

中国北部、黄河(こうが/ホワンホー)の上流部の平野。河套とは黄河の屈曲している所という意味で、内モンゴル高原南部において、賀蘭(がらん/ホーラン)山脈とオルドス高原の間を北流してきた黄河が、陰山(いんざん/インシャン)山脈に当たって東転し、さらに山西の呂梁(ろりょう/リュイリヤン)山脈に当たって南転する、そのおのおのの屈曲部を中心に形成する平野をいう。下流の屈曲部を前套(ぜんとう)平原(土黙川(トゥムチョン)平原)、上流のものを後套(こうとう)平原と区別し、さらに銀川(ぎんせん/インチョワン)平原をも含めて河套平原と総称することもある。総面積で1万平方キロメートルにも及び、そのなかでもっとも広いのは後套平原で、狭義の河套平原とはこれをさす。いずれの部分も黄河が分流して幅広い沖積平野をつくり、灌漑(かんがい)さえ施せばきわめて肥沃(ひよく)な土地となるところから、「黄河百害、ただ一套を富ます」といわれる。古くは漢民族にとっては塞外(さいがい)(長城外)の地で、漢代には匈奴(きょうど)の根拠地になるなど、北方異民族の有力な放牧地であった。清(しん)代にモンゴルへ漢民族の移住が進み、灌漑農業が開発された。現在は内モンゴル自治区における主要な農業地域となり、都市、交通機関も集中している。とくに前套平原は、北東に区都ホフホト、工業都市パオトウを有し、自治区の経済、政治、文化の中心地域である。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の河套平原の言及

【内モンゴル自治区】より

…黄河は寧夏回族自治区からこの地に入って北流し,陰山山脈に突き当たって,その南側を東流するが,この黄河の南側に北低南高(南部で約1500m)のオルドス(鄂爾多斯)高原があり,ここにもモウス(毛烏素)などの砂漠がみられる。黄河流域には,古くから水路が発達し肥沃な土壌をもつ高度1000m前後の河套(かとう)平原があるが,これは西部の後套平原と東部の前套平原(別名フフホト平原)から成る。また,大興安嶺東麓,嫩江(のんこう)流域には遼嫩平原がある。…

※「河套平原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone