コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河守 こうもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河守
こうもり

京都府北西部,福知山市北部の旧町域。 1890年町制施行。 1951年河守上村,河西村,河東村,有路上村,有路下村と合体し大江町となり,2006年福知山市に編入。福知山から舞鶴へ向かう街道に沿って細長い街村をなす。国道 175号線は,バイパスによって集落を避けている。銅鉱の河守鉱山があったが,1969年に閉山。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河守
こうもり

京都府北西部、福知山(ふくちやま)市の北東部にあたる旧大江町の中心地区。由良(ゆら)川左岸にあり、江戸時代には由良川水運の中継地であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

河守の関連情報