コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河守 こうもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河守
こうもり

京都府北西部,福知山市北部の旧町域。 1890年町制施行。 1951年河守上村,河西村,河東村,有路上村,有路下村と合体し大江町となり,2006年福知山市に編入。福知山から舞鶴へ向かう街道に沿って細長い街村をなす。国道 175号線は,バイパスによって集落を避けている。銅鉱河守鉱山があったが,1969年に閉山

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河守
こうもり

京都府北西部、福知山(ふくちやま)市の北東部にあたる旧大江町の中心地区。由良(ゆら)川左岸にあり、江戸時代には由良川水運の中継地であった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

河守の関連キーワードペントランド鉱牧野忠成(2)大アラコ古窯跡藤原定親(2)万里小路季房仰せられるキューバ鉱大江[町]長崎養生所吉川元春大和長岡藤原資経高橋お伝越後騒動藤原伊通伊達政宗長瀬泰貞氏家高継淡海三船藤懸永勝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河守の関連情報