コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河津祐之 かわづ すけゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河津祐之 かわづ-すけゆき

1849-1894 明治時代の官僚。
嘉永(かえい)2年4月8日生まれ。河津祐邦の娘婿。幕府の外国方翻訳掛をへてフランス留学後,元老院書記官。嚶鳴(おうめい)社にはいってミニエの「仏国革命史」を翻訳し,民権思想をひろめる。大阪控訴裁判所検事長,逓信次官などを歴任。明治27年7月12日死去。46歳。三河(愛知県)出身。旧姓は黒沢。通称は孫四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河津祐之の関連キーワード加藤宇万伎立憲政党

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android