コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河瀬真孝 かわせ まさたか

2件 の用語解説(河瀬真孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河瀬真孝 かわせ-まさたか

1840-1919 幕末-大正時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)11年2月9日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の明倫館にまなび,尊王攘夷(じょうい)をとなえる。慶応2年遊撃隊参謀となり,幕長戦争でたたかった。維新後,元老院議官などをへて司法大輔となる。明治17年特命全権公使としてイギリスにおもむいた。大正8年9月29日死去。80歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓は石川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河瀬真孝

没年:大正8.9.29(1919)
生年:天保11.2.9(1840.3.12)
明治期の外交官,枢密顧問官。父は長州藩士石川左衛門淳介。万延1(1860)年藩校明倫館に入り学んだ。慶応1(1865)年遊撃隊を率い高杉晋作の下関挙兵に加担し,広島で幕府の監察使永井尚志と折衝した。翌年の第2次長州征討では芸州口で奮戦した。同3年から明治4(1871)年まで英国に留学,6年伊・オーストリア両国公使に任命されたのち,元老院議官,司法大輔などを経て,17年から26年まで駐英公使を務めた。この間,子爵に叙せられロンドン日本協会会長を務め,夫人英子は在英日本人留学生の援助に尽力している。36年枢密顧問官に転じた。<参考文献>吉田祥朔『近世防長人名辞典増補版』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河瀬真孝の関連キーワード林権助鳥尾得庵三浦観樹阪本顧問官枢密顧問官小幡酉吉珍田捨己林権助(2)松井慶四郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone