コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河系 かけいriver system

3件 の用語解説(河系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河系
かけい
river system

川の本流とそれに注ぐすべての支流を合せた川の一系統。水系とほぼ同義。河系の発達には順序があり,初めは地表のわずかな凹凸に起因して断片的な流れがあるにすぎない開始期,頭部浸食によって川が延長していく伸張期,さらに浸食が進行して支流が増加する彫琢 (ちょうたく) 期,地表の河川密度が最大に達する満拡張期,その後支流の下部が本流の浸食によって吸収され河川密度が減少する複合期などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かけい【河系】

河の本流とこれに注ぐすべての支流の総称。水系とほぼ同義。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の河系の言及

【川】より

… 1本の川には,一般に多数の川が次々に集まってくるが,水量,河道の長さ,流域の広さなどにおいて有力なものを幹川あるいは本流と呼び,幹川に合流するものを支川(支流),幹川から分派して直接海に入るか再び幹川に合流するものを派川または派流(分流)という。これら全体を総称して水系または河系とよぶ。 河川の長さは幹川のほぼ中心を通る線(河身)の長さで表す。…

※「河系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河系の関連情報