コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野守弘 こうの もりひろ

美術人名辞典の解説

河野守弘

国学者・地誌考証家。初名為蔵のち通弘・守弘、通称伊右衛門。石崎音五郎通興の子、河野顕三の祖父。下野国生。文武に優れ、浅草庵大垣市人に師事し国典儒学に通じる。文政12年頃から20数年に及び各地を踏査し、嘉永3年(1850)に『下野国誌』を完成する。また勤王の志を持ち、横田祈綱等こ国事に尽した。著書に『三音対格』等がある。文久3年(1863)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野守弘 こうの-もりひろ

1793-1863 江戸時代後期の国学者。
寛政5年6月16日生まれ。河野顕三の祖父。下野(しもつけ)大道泉村(栃木県二宮町)の人。江戸で浅草市人(いちひと)に狂歌や国学,儒学をまなぶ。帰郷後,20年間にわたって各地を調査し,嘉永(かえい)元年(1848)「下野国志」を完成させる。尊攘(そんじょう)運動にも参加した。文久3年4月9日死去。71歳。本姓は石崎。通称は伊右衛門。号は氈屋など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

河野守弘 (こうのもりひろ)

生年月日:1793年6月16日
江戸時代末期の国学者;歌人
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

河野守弘の関連キーワード河野伊右衛門横田藤四郎佐藤 行哉生年月日国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android