コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野宗賢 こうの むねかた

1件 の用語解説(河野宗賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野宗賢 こうの-むねかた

?-1222 鎌倉時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)の豪族河野通清(みちきよ)に養育され,出家して出雲坊宗賢と称する。承久(じょうきゅう)の乱(1221)で義兄の通信らとともに後鳥羽(ごとば)上皇方について敗れる。伊予にもどり大竹(大洲(おおず)市)に大円寺をたて,養父の冥福(めいふく)をいのったという。貞応(じょうおう)元年死去。名は信吉。通称は六郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野宗賢の関連キーワード貞応民主党代表選のしくみ詠歌大概閑居友キラウエア山貞応承久千首和歌日蓮保元物語

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone