コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河陽宮 かやのみや

百科事典マイペディアの解説

河陽宮【かやのみや】

嵯峨天皇の離宮。現在の京都府大山崎町にあった。河陽すなわち河の北,淀川畔の風光明媚な山麓一帯の地に営まれ,水瀬(みなせ)などでの遊猟足場に使われた。のち荒廃し,行幸(ぎょうこう)があれば使用して宮名も存続することを条件に861年山城国府の建物となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かやのみや【河陽宮】

嵯峨天皇によって営まれた離宮。河陽とは河の北の意で,淀川の北,山城国(京都府)山崎の地にあり,現在の離宮八幡宮の地に当たる。淀川に接し,門前の道が山崎橋に至る風光明媚な地であった。天皇が摂津水無瀬(みなせ),河内交野(かたの)(ともに大阪府)に遊猟のときの山荘として営んだもので,814年(弘仁5)2月,交野に遊猟した際立ち寄ったのが初見。《文華秀麗集》には嵯峨天皇の〈河陽十詠〉やそれに和した廷臣らの漢詩が収められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報