コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油揚げ・厚揚げ・がんもどき あぶらあげあつあげがんもどき

1件 の用語解説(油揚げ・厚揚げ・がんもどきの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

あぶらあげあつあげがんもどき【油揚げ・厚揚げ・がんもどき】

《栄養と働き&調理のポイント
○栄養成分としての働き
油揚げ
 油揚げは、薄いとうふを揚げたもの。脂質だけでなく、たんぱく質、ビタミンE、カルシウムが豊富です。野菜と炊(た)き合わせたり、ご飯に混ぜたりすると野菜のうまみを引きだしてくれます。
<厚揚げ>
 厚揚げ(生揚げ)は、木綿(もめん)どうふを揚げて加工したものです。
 脂質やたんぱく質、カルシウム、鉄などのミネラルを、豊富に含んでいます。
 焼いたり煮たり、炒(いた)めたりしても、とうふのうまみが逃げないため、さまざまな調理法でとうふの味を楽しめます。
<がんもどき>
 がんもどきは、つぶしたとうふとヤマノイモをすりあわせてから、野菜などを加えて油で揚げたものです。主成分はたんぱく質と脂質で、カルシウム、鉄も含んでいます。
 いずれの食品も油で揚げてあるので、カロリーは高いのですが、植物油で揚げたものにはビタミンEが含まれています。
 また、カロリーが気になる場合は、湯通しする、煮込んだあとの煮汁を捨てる、などの処理をする方法もあります。
 レシチンイソフラボンの働きで、動脈硬化予防、高血圧予防、疲労回復などの効果も期待できます。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone