コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油揚げ・厚揚げ・がんもどき あぶらあげあつあげがんもどき

1件 の用語解説(油揚げ・厚揚げ・がんもどきの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

あぶらあげあつあげがんもどき【油揚げ・厚揚げ・がんもどき】

《栄養と働き&調理のポイント
○栄養成分としての働き
油揚げ
 油揚げは、薄いとうふを揚げたもの。脂質だけでなく、たんぱく質、ビタミンE、カルシウムが豊富です。野菜と炊(た)き合わせたり、ご飯に混ぜたりすると野菜のうまみを引きだしてくれます。
<厚揚げ>
 厚揚げ(生揚げ)は、木綿(もめん)どうふを揚げて加工したものです。
 脂質やたんぱく質、カルシウム、鉄などのミネラルを、豊富に含んでいます。
 焼いたり煮たり、炒(いた)めたりしても、とうふのうまみが逃げないため、さまざまな調理法でとうふの味を楽しめます。
<がんもどき>
 がんもどきは、つぶしたとうふとヤマノイモをすりあわせてから、野菜などを加えて油で揚げたものです。主成分はたんぱく質と脂質で、カルシウム、鉄も含んでいます。
 いずれの食品も油で揚げてあるので、カロリーは高いのですが、植物油で揚げたものにはビタミンEが含まれています。
 また、カロリーが気になる場合は、湯通しする、煮込んだあとの煮汁を捨てる、などの処理をする方法もあります。
 レシチンイソフラボンの働きで、動脈硬化予防、高血圧予防、疲労回復などの効果も期待できます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

油揚げ・厚揚げ・がんもどきの関連キーワード栄養混合栄養栄養価栄養分栄養改善栄養統計学経口栄養経腸栄養末梢非経口栄養臨床栄養

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone