イソフラボン(英語表記)isoflavone

栄養・生化学辞典の解説

イソフラボン

 C15H10O2 (mw222.24).

 誘導体が配糖体としてマメ科の植物などに広く分布.例えばダイゼイン,ゲニステインなど.イソフラボンのほかにイソフラバノン,イソフラバンロテノイドなどの骨格をもつ一群の化合物をイソフラボノイド(isoflavonoid)という.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

イソフラボン【isoflavone】

ポリフェノールの一種。体内で女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用をもつ色素成分。大豆、きな粉、納豆、豆腐、油揚げ、味噌など、主に大豆製品に多く含まれる。骨の代謝に深く関与し、骨量の保持や増加作用をもつほか、女性ホルモンの激減の緩和、血中アルコール値の低下、中性脂肪値・血圧値の正常化作用、動脈硬化など生活習慣病の予防・改善などに効果がある。◇「植物由来のエストロゲン」とも呼ばれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

イソフラボン【isoflavon】

ダイズなどマメ科の植物などに含まれる物質。化学構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、穏やかなエストロゲン様作用を示す。 → エストロゲン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソフラボンの関連情報