コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油桐 アブラギリ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐ぎり【油×桐】

トウダイグサ科の落葉高木。葉は卵円形で、柄の付け根に2個の蜜腺(みっせん)がある。初夏に紅がかった白い花を群生。種子は平たく、有毒。種子からしぼった桐油(とうゆ)という。材は箱や下駄の材料。中国の原産で、暖地で栽培される。やまぎり。いぬぎり。あぶらぎ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらぎり【油桐】

トウダイグサ科の落葉高木。古く、中国から輸入され、暖地の山地で自生する。また、栽培もされる。高さ10メートルに達し、葉はキリに似る。初夏、淡紅色を帯びた白色の花を開く。種子からしぼった油は桐油とうゆといい灯料にし、また油紙に用いる。アブラギ。毒荏どくえ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

油桐 (アブラギリ)

学名:Aleurites cordata
植物。トウダイグサ科の落葉高木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

油桐の関連キーワードヤトロファ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android