油桐(読み)あぶらぎり

精選版 日本国語大辞典「油桐」の解説

あぶら‐ぎり【油桐】

〘名〙 トウダイグサ料の落葉高木。中国原産。古く日本に入り、南部には自生状態となったものもある。高さ約一〇メートル。初夏、淡白色で五弁の花が円錐状に集まって咲く。材は紫色を帯びた灰褐色で、下駄、箱材などにする。種子から絞った桐油(とうゆ)は、紙、雨傘、印刷インクなどに、また、昔は灯料としても用いられた。いぬぎり。
▼あぶらぎりの花 《季・夏》
▼あぶらぎりの実 《季・秋》 〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「油桐」の解説

あぶら‐ぎり【油×桐】

トウダイグサ科の落葉高木。葉は卵円形で、の付け根に2個の蜜腺(みっせん)がある。初夏に紅がかった白い花を群生。種子は平たく、有毒。種子からしぼった油を桐油(とうゆ)という。材は箱や下駄の材料。中国の原産で、暖地で栽培される。やまぎり。いぬぎり。あぶらぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「油桐」の解説

油桐 (アブラギリ)

学名Aleurites cordata
植物。トウダイグサ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android