コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐油 キリアブラ

大辞林 第三版の解説

きりあぶら【桐油】

きりゆ【桐油】

とうゆ【桐油】

アブラギリの種子から採った乾性油。オレイン酸のグリセリン-エステルを主成分にし、油紙をつくるときなどに使う。食用にはできない。きりあぶら。
「桐油紙」の略。
「桐油ガッパ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桐油の言及

【キリ油(桐油)】より

…〈とうゆ〉ともいう。アブラギリ属植物の種子核油。実際の採油には,ニホンアブラギリ(生産地は北陸,山陰,南関東),シナアブラギリ(中国),カントンアブラギリ(中国南部)の3種が用いられる。搾油は,まず成熟果実を発酵,粉砕して種子を分離し,乾燥後温圧法によって行われる。通常2番しぼりまで行い,種子180lから約3~3.3lの油が得られる。代表的な乾性油で,主成分はα‐エレオステアリン酸(80%),およびオレイン酸(15%)のグリセリドであり,そのほか少量のパルミチン酸およびステアリン酸グリセリドを含有する。…

※「桐油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

桐油の関連キーワードウーリンシャン(武陵山)山脈ナンチョン(南鄭)県ホンチヤン(洪江)市桐油(とうゆ)桐油(きりゆ)植物油インクオイルシルクオイルクロスグリセリンオレイン酸貴州[省]スタンド油坊主ガッパ赤ガッパエステルカッパ版紙ガッパ馬桐油老河口乾性油

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桐油の関連情報